ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング > シーン1

ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソングのシーン1の攻略チャートを掲載しています。

目次

エメム

エメムのキャラクターシートを設定する

まず最初に4つの選択肢から1つを選択してエメムの特徴を決めます。 選んだ選択肢によりエメムの能力の傾向が決まりますが、エメムパートは探索と手がかりの発見、重要キャラとの会話と様々な状況を進んで行くことになるため、バランス型の何でも屋-Jack of All Trade-を選択するといいでしょう。 属性:社交性スキル:推理-Deduction-の高い捜査官-Investigator-も良いと思います。

ブラッドハントをする

プリンス・アイバーソンと会話した後、バーにやってくると吸血システムのチュートリアルが発生します。 吸血に必要な安全地帯は吸血のチュートリアルが発生する個室の反対側にもう1つあるので、そこで2人目を吸血して経験値を獲得しておくといいでしょう。

空腹が十分に満たされたら、再びジャーニーの捜索に戻ります。

資料室に入る


資料室に入る方法

資料室に入るためにはキーカードが必要ですが、スキル:テクノロジー-Technology-がLV1以上であればキーカードを必要とせずにロックを解除して資料室に入ることができます。


バーの右側の個室に入るとソファーの上にスカーフが置いてあります。 分野:臓卜師-Auspex-を発動してそのスカーフを調べ、ジャーニーの残り香をたどっていくとベレル・アンダーウッドと遭遇します。 ベレルとは会話することが可能ですが、社交性の高いキャラなのでこちらの説得-Persuasion-脅迫-Intimidation-が高くないかぎり何の有力な情報を得ることはできません。

オフィスエリアにたどり着いたら中央へ行き、アビゲイル・ヌルミのオフィスを調べます。 エメムは「ここに長居しない方がいい」みたいなことをしゃべりますが、長居しても何も起こらないのでじっくり調べ回ってかまいません。 テーブルの上に置いてある燃えかけのメモを読むと、そのメモの出所を探すクエストが発生します。 テクノロジー-Technology-スキルがLV3以上であればこの部屋にあるポケベルを修理することで削除されたメッセージを復元し、ジャーニーのパソコンを調べるとよいというヒントを得られますが、このヒントは特に取得する必要はありません。

アビゲイル・ヌルミのオフィスの向かい側にあるラザルス・シェリダンに入り、テーブルの上に置いてある資料室のキーカードを入手します。

ジャーニーのオフィスへ行き、パソコンにアクセスしてメールをチェックするとジャーニーの最後の目撃者がアビゲイルであることがわかります。 テーブルの上に置いてあるビジネスカード(意志力の回復アイテム)を回収しておき、それから資料室へ行ってキーカードを使って中に入りましょう。

資料室の金庫を開ける

資料室に入って左へ進んだ先にあるロッカーを開き、中に入っている赤色のフォルダを読むとアビゲイルがファイルからページを盗んだことがわかります。 さらにその向かい側のロッカーを開いて暗証番号:9138を入手します。 そうしたら金庫の所へ行き、暗証番号を使って開いてビジネスカードを入手しましょう。

ジャーニーを見つける

バーに戻ってアビと会話し、ジャーニーが2階のジャラ・ドロリーの部屋へ行ったことを聞きます。 ここで階段を上がる前にエイプリルと会話することができ、スキル:心理学-Psychology-がLV3以上であれば新たな情報を得ることができます。

エイプリルの部屋の先の角を曲がって左側の階段を上がり、左側にある両開きのドアを通ればジャラ・ドロリーの部屋にたどり着きます。 その前に正面の会議室へ行くとヒルダがいて会話することができます。 ヒルダとの会話に勝利するためにはスキル:修辞学-Rhetoric-LV1以上が必要で、勝利すれば意志力1ポイントを獲得できます。

ジャラ・ドロリーの部屋に入る前に、ドアの前でUターンの矢印に射線が引かれたマークが表示されます。 このマークはそのドアを通ると引き返せないことを意味しているので、他にやり残したことがないことを確認してからドアを開いてください。

ジャーニーとの会話後、重要な選択肢が発生します。

ジャーニーをプリンスの所へ連れて行く

選択後すぐにエメムパートは終了し、レイシャパートに移行します。

ジャーニーに逃げるよう指示する

ジャーニーとの対決になります。


対決:ジャーニーの正しい選択肢

  1. 証拠…(要説得-Persuasion-LV2)
  2. エイプリル/ヒルダ
  3. The Anarchs…

ジャーニーとの対決後、プリンスの所に戻ったら言い訳をします。 うまく言い逃れをするためには説得-Persuasion-LV5、修辞学-Rhetoric-LV3、心理学-Psychology-LV3のいずれかが必要で、成功すれば特性-Skilled Orator-を取得できます。

レイシャ

レイシャのキャラクターシートを設定する

レイシャは特殊能力を駆使して捜査を行っていくタイプのため、捜査官-Investigator-かベテラン-Veteran-を選択すると捜査をよりスムーズに進めていくことができると思います。

重要な選択肢:予感に立ち向かう / 予感に屈服する

ジャラ・ドロリーのアパートへ行くとエメムとジャーニーがおり、そこで発生する予感に対して選択を行います。

予感に立ち向かう

エメムとジャーニーの会話を全て聞くことができます。 この後、プリンス・アイバーソンの所に報告に戻った時にエメムが忠臣か裏切り者かを進言することが可能になります。

予感に屈服する

エメムとジャーニーの会話を聞くことができません。 プリンス・アイバーソンの所に報告に戻った時に、エメムとジャーニーに関して目撃したことを報告することができます。 二人の会話の内容よりも目撃した情報の方が重要なので、こちらを選択したことで悪い結果になることはありません。

ジャーニーの無実を証明する

ドロリーのアパートの寝室へ行き、左側の本棚にあるフォルダをどかして後ろにあるピンク色のフォルダを入手します。 このアイテムはジャーニーの無実をプリンス・アイバーソンに報告するための証拠の一つです。 ベッド横のテーブルの上に置いてある箱の中のメモも回収しておきましょう。

ドロリーのパソコンにアクセスする

ダイニングルームへ行き、手紙の横にある写真を調べてそれに書かれている1841という数字を確認します。 この4桁の数字は寝室のデスクの上にあるノートパソコンの暗証番号で、パソコンに保存されているメールを見ることができます。

ダジャンに関する情報を収集する

ジャラのアパートを出て左へ進み、ダジャンのアパートに入ります。 ダジャンのアパートにある手がかりとその見つけ方は以下です。



情報収集を終えたらダジャンのアパートを出て、今度はヒルダのアパートへ向かいます。 ダジャンのアパートを出て右へ進み、黒いドアを通ってボストン・コートのロビーの上のバルコニーに入ります。 そこから向かい側にあるドアへ行って通ると分野:-Obfuscate- - 見えない通路-Unseen Passage-を習得します。 この能力を発動するとレイシャは誰に見つかることなく行動することができるようになります。 発動中は誰かと会話したりアイテムを調べることはできませんが、メモを読むことは可能です。 見えない通路-Unseen Passage-はレイシャが入ることが許されない場所に入ると自動的に発動し、安全地帯に入るまで効果が持続します。

見えない通路-Unseen Passage-を発動しながら進んで行き、ヒルダのアパートに入ります。

ヒルダに関する情報を収集する

ヒルダのアパートに入るとレイシャは「ヒルダに近づけない」と言いますが、ここではヒルダに見つかる恐れはないので心配する必要はありません。 分野:臓卜師-Auspex-でヒルダを盗聴した後、階段から上階に上がって寝室のベッド枕のそばにあるメモを読みます。 そうしたらヒルダのアパートを出て、今度はベレルのアパートへ向かいます。

ベレルに関する情報を収集する

ベレルのアパートに入ったらベレルと会話します。 ベレルはコミュニケーションに関する能力がほとんどLV4のため、こちらも同様にLV4に達していないと新たな情報を引き出すことができませんが、ベレルからの情報はゲームの進行に必須ではないので会話負けしてもかまいません。

リチャードのオフィスでフロッピーディスクを見つける

ベレルのアパートを出たら、向かい側の通路の突き当りにあるリチャードのアパートへ行って中に入ります。

アパートに入るとホールジーがクマのぬいぐるみを探していますが、この時点ではまだ彼女に話しかけないでください。 寝室へ行くと赤いソファーの上にブリーフケースのようなものが置いてあり、その中にフロッピーディスクが入っているので回収します。 オフィスに戻ってそのフロッピーディスクをパソコンにセットし、メールを読めば一連の捜査は完了となります。 その後、ホールジーと会話してハゼルの所へ戻ります。

ハゼルに調査結果を報告する

ゲイレブ

ゲイレブのキャラクターシートを設定する

ゲイレブはレイシャと同様に捜査官-Investigator-かベテラン-Veteran-を選択して属性:社交性スキル:推理-Deduction-を初期から高めの状態にしておくのがおすすめです。

ベレルと会話する

エレベーターで下階に下りると、2人の警備員と口論していたベレルが近づいてきて会話になります。 ベレルはエメムパートレイシャパートで登場した時と同様にコミュニケーション能力が総じてLV4と非常に高いため、会話で打ち勝つのは非常に困難です。 この会話自体は必須ですがここで会話に勝利する必要はなく、仮に論破したとしても大した情報は得られないのであまりムキになってコミュ力に偏って能力を上げようとしない方がいいです。 ここではまだ経験値と意志力ポイントは貯めておくようにしましょう。

ベレルのファイルを調べる

ベレルとの会話後、正面のテーブルの上に置いてあるファイルをスキル:推理-Deduction-で調べると、そのファイルはベレルがうっかり忘れていったものであることがわかります。

カイウスのオフィスにある金庫を開ける

ベレルが口論していた警備員に話しかけるとサーバールームに入れます。 デスクの上に置いてある箱の中からハイセキュリティ・キーを回収したら、ドアからカイウスのオフィスへ行きます。

カイウスのデスクの上にあるサーバールームのキーカードを入手し、ソファーのそばにある金庫をハイセキュリティ・キーで開いて中に入っている古いコイン(意志力回復アイテム)を入手しておきましょう。

カイウスのパソコンにアクセスする(オプション)

カイウスのオフィスにあるパソコンにスキル:テクノロジー-Technology-LV2でハッキングするか、サーバールームのカイウスのそばにある暗証番号:4965を入力してアクセスしてメールチェックします。

血液学の報告書を読む(オプション)

ハイセキュリティ・キーがあったデスクの向かい側にある血液学の報告書を教育-Education-LV2で調べると新たな情報を入手できます。

カイウスに関する情報を収集する(オプション)

カイウスのそばのパソコンから-Crimson Oaks-に関するドキュメントにスキル:テクノロジー-Technology-LV1でアクセスします。

カイウスと会話する

カイウスのサーバールームへ行ってカイウスと会話すればクリアとなります。