ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング > 初心者講座

このページではヴァパイア:ザ・マスカレード スワンソングのゲームシステムと初心者向けヒントを掲載しています。

目次

吸血

吸血はこのゲームのメインシステムで、人間やネズミの血を吸うことで空腹を低い状態に維持することができます。 これにより特殊能力を多用したりイベントでの抵抗力を高めることができます。 吸血を行うためにはまず安全地帯を見つけて中に入る必要があり、安全地帯に入ると画面上部に緑色の菱形のマークが表示されます。

人間を安全地帯に誘い込むと吸血のミニゲームが発生します。 指定のボタンを入力していくQTEで、成功した回数に応じて1~7ポイントの空腹ゲージを低下させることができます。 ただしゲージを完全に満たして全ての血を吸ってしまうと対象が死亡してしまい、疑念が上昇してスキルチェックの難易度も上がってしまうので注意してください。 またボタン入力をしなかった場合でも対象は死亡してしまい、同じ対象をもう一度吸血した場合にも死亡してしまうので注意しましょう。

疑念

このゲームでは人間社会の間にヴァンパイアが紛れ込んでいることを知られないようにするため、プレイヤーは自らの行動を控えめにして自分の存在を隠す必要があります。 疑念の数値は0~100まであり、高くなるほど人間や他のバンパイア達が自分の存在に気づいているということになります。 人間の命を奪い過ぎたり、自分の存在の痕跡を残し過ぎたりすると疑念レベルが上がり、この数値が20上がる度にゲームの難易度が上がるペナルティが課せられます。 疑念レベルとペナルティの内容はメニュー画面で確認することができます。

上昇した疑念レベルは人間の命を奪わずヴァンパイアの存在の証拠を消してゲームプレイを進めていけばしだいに低下していきます。 したがってこのゲームではできるだけ人間の命を奪わず、人間に気づかれないように探索することが重要になります。

意志力

会話時のスキルチェックを有利に進めるために使用する、他のゲームでいうところのMPのようなものです。 各キャラクターは各シーンのスタート時に15ポイントを保有しており、ポラロイド写真などのアイテムを回収して使用したり対決に勝利したりすることで回復することができます。

空腹

空腹は会話や探索、対決時に-Discipline-を元にした行動をとることで増していき、画面左上にしずくの様なマークで表示されます。 空腹の状態はスキル:脅迫-Intimidation-心理学-Psychology-の同値時の成功率に影響し、空腹値が1~6の時は何の影響もありません。 空腹値が7以上の時は脅迫-Intimidation-同値時の成功率が10%アップする一方で心理学-Psychology-の成功率が10%ダウンし、空腹値が0の時はその逆の影響が発生します。

空腹は人間を吸血することで解消されますが、誰でも吸血可能というわけではなく、吸血可能な人間には赤い血のしずくのマークが表示されます。 またいきなり襲撃して吸血することもできず、セーフルームを見つけ出してそこに吸血可能な人間を誘き寄せる必要があります。 人間をセーフルームに誘い込んでいる現場を誰かに目撃されてしまうと1回の目撃につき疑念レベルが5上昇し、さらに全ての血を吸血して命を奪ってしまうと疑念レベルが15上昇するので注意が必要です。

人間からの1回の吸血で空腹を7ポイント満たすことができ、スキル等によってはそれ以上の空腹を満たすことも可能です。 また同じ人間から命を奪うことなく2回以上吸血することはできないので、最初の吸血時にできるだけ多くの血を吸うようにしましょう。

人間以外にもネズミから吸血することも可能で、ネズミ1匹あたり2~4ポイントの空腹を満たすことができます。 ネズミから吸血している現場を目撃された際の疑念レベルの上昇はおよそ2ポイントと比較的安全であり、またネズミをセーフハウスに誘導する必要もないため、空腹解消の効果は低めではあるものの緊急で空腹を解消したい場合には役に立つ手段となります。